FC2ブログ

56歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

モメンタムの行方

毎年この時期になると言っていることだが、俺は何故か関西学院大学のファンである。
理由はあるのだが、まあ何度も語っているのでもういいだろう。(笑)

混沌とした今シーズンの関西学生リーグ。
結果として、全勝対決でというお約束を果たせず(俺が勝手に言っているだけだが。)、迎えた関立戦で、つまりは後のない立命が勝利。
そして、今回は後がなく、窮地に陥った関学が決定戦を制する。

s-191201-001.jpg


結局のところ、勝ちたいという気持ちが強いチームが勝つ。
実力差が少ないチーム同士の戦いにおいて、この差は大きい。
そして、それは無理矢理というか、自己努力で培える類のものではないと思う。

そして、ここ数年立命にとって気の毒なシチュエーションに陥ることが多い。
このシステムは後味が悪い。
簡単に説明すれば、何となく日本シリーズの後味が悪いのに似ているといえば、一般の方も理解頂けると思う。
2試合を余計に一週間のインターバルで課せられていたとしてもだ。

俺は、別に関学のファンであって、立命は憎くない。(断っておくが、関東の大学に対しては憎いとは言わないが、微妙な感情はある。(^^ゞ)
それを証拠に立命が甲子園ボウルに行けば、結構素直な気持ちで立命を応援する自信がある。(大笑)

加えて、
これは、俺が関学が好きな理由の本質なのだが、闘いを重なるにつれ、戦術に優れた(これは少なくとも社会人チームも含めて圧倒的日本一だと思っている。)チームに有利になる。

でも、それはアメフトを面白くする要素であって、本質とは違うのだ。
つまりはそういう要素で勝敗が決定するのはどうにも後味が悪い訳だ。
それが、ライン戦だとか、フィジカルな要素の上にふりかけられたものであれば、そうは感じないと思う。

ところで、鳥内監督は、今季限りとの噂がある。

s-191201-004.jpg


これで、関学の本質が変わることはないと思う。
それにしても、今回の勝利はモメンタムに裏付けされたラッキーとアンラッキーが交差した結果とはいえ、プレイコールには関学らしさと、挑戦者としての姿勢が随所に垣間みれたと思う。

s-191201-007.jpg


まあ、なんだかんだ言っても、立命が出るよりは関学の方が個人的には盛り上がることは否定できない。
そして、今回の甲子園ボウル。
早稲田大学との一戦になるのだが、日大が留守の関東トップリーグ。来年日大が復帰する。
少なくとも、日大不在の状態での代表に、負けるわけには行かない。
これは、やっぱり関学に課せられた義務なんだと思ったりもする。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • たらればと格 (01/18)
  • 月と狐 (01/13)
  • ベランダから見えたもの Vol.2 (01/11)
  • ベランダから見えたもの Vol.1 (01/07)
  • 500×2=1,000 (01/05)
  • 目標のその先 (01/04)
  • 巡航性能の違和感 (01/02)
  • トリバンムービーアワード2019 (12/30)
  • 2019年の5/10 (12/29)
  • 部屋飲みの作法 (12/25)
  • 2020-01 (7)2019-12 (15)2019-11 (9)2019-10 (11)2019-09 (5)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    12 | 2020/01 | 02
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    月別アーカイブ

    01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>