FC2ブログ

56歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

変遷の不発

大学から就職後数年は写るンですの席巻に巻き込まれ、そもそも写真に興味があったわけではないので、それに埋没していた。
唯一の記憶は、学生時代のライブ時に撮影してもらった写真。
それは、生まれて初めて自らの写真に記録以外の何かが宿ったものだった。


その記憶に抗うことが出来ずに、就職して数年後、遂に一眼レフを手に取ることになる。

s-キャプチャ3



Canon EOS850。
普及クラスの一眼。
今になって調べると、EF35-70mm F3.5-4.5Aの標準ズーム。
レンズのスペックもそれなり。


正直、買うにあたって調べたり比較したり、そういう記憶はない。
何となくカメラはCanonと決めていた。
根拠なんてない。
そもそも、全部35mmだし、物理的なスペックとか材質とそれに伴う価格以外にその選択の要素はない。

つまりは、こいつがはじめて自分で買ったカメラということになる。
だったら、これが変遷のはじまりやん!って突っ込みは謹んでお受け致します。(^^ゞ
そんなこともあって、結局フィルム数本の撮影に留まっていると思う。
てかさ、やっぱ高かったのよ。写真を撮影するという行為。
今じゃ考えられない話なのだが。

でもね、当駄ブログにも何度か書いているように、ライブの写真依頼者から、一眼とはなんぞやとかそういう刷り込みを受けて、その考え方は自分のものになり、その法則には従って選択したはず。そして、その作法は現在に至ってなお、ポリシーとして俺の中にいる。

その写真の一部を。顔が判明しないもので。(笑)

s-200202-011.jpg

s-200202-012.jpg

s-200202-013.jpg


パンフォーカスの天然色で明暗を意識したことのない俺には、この写真群ひと言で言えば衝撃的だった。
写真って、作品になり得るんだと、その時多分心に刻まれたんだと思う。

えっと、断っておきますが、媚売ってないよ。と本人に一応ここで断っておこう。(大笑)

しかし、しかし、このカメラは不発に終わる。
そもそも、このカメラで撮影した写真がどれなのか今となっては判らん。
(てかさー、デジカメってどのカメラで撮ったのか、そのシャッタースピード、ISOレート、f値まで判るのよね。)

結局、次の一手に伴い、最初に売ったカメラともなった。
8849:
カッコいい写真ですね。プリントが少し傷んだところがまたいいですね。
デジタルが当たり前になって忘れかけていますが、フィルム時代はいろいろ大変でしたね。フィルム代、現像・プリント代が辛かった。あと、絞り値やシャッタースピードを手書きでメモしていたのを思いだしました。隔世の感ですね〜。
8850:
たしかにフィルムでの撮影、写真への現像は、高いというイメージありました。
それ故に、写真を撮るというのは儀式的な行為でした。
今は気張らずに撮れる、良い時代になったものです。
8851:
ありましたね、小型軽量で良いカメラだったんじゃなかったでしょうか。
わたしはこの時期ニコンでしたっけ。
8852:
(大笑)
撮影データ
Pentax KX+50mm f1.2開放
シャッタースピード1/30くらい
フィルム:Agfa

当時はライブ感さえあれば全部見えなくても平気だったねえ。
追針式TTLがアンダーを示していても、写る、と思えばシャッターを切ってたもん。
8853:
間違えました、
フィルムはILFORD xp1-400ですね。
ハイコントラスト狙いの時はこれ使ってました。
Photoshop でちょちょいって訳にはいかないから、フィルム選びの段階で画づくりが始まってたんですね。
8854:
>ヴィーノさん
正直写真の何たるやは判っちゃいない時期、ただただそのかっこよさが衝撃でした。今みたいに撮りまくって場合によっては連写なんてありえない時期。(てかそもそも最大36枚ですもんね。)つまりは、このショット全部狙ってるってことですよね。まあ、本人も降臨してることだし、あんまり持ち上げるのもしゃくですが。(笑)

>YAPさん
!!!!!そうそう、まさに儀式!
そんくらい貴重でしたよね。なにかの記念であって記録とかそういうやわなものではなかったような。

>あるあるさん
本人降臨ありがとうございます。
てか、それ前提で書いてるけど。
まあでも、この写真とその後の貴方のうんちくが俺の写真の原点です。

>ナツパパさん
結局フィルム時代に弾けることはありませんでした。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 桜が咲く頃 (03/29)
  • 花と光 (03/28)
  • Pump /  The Mcfaddin (03/24)
  • 祇園 (03/23)
  • 鷹峯 (03/22)
  • 500mmの仕切り直し (03/18)
  • 3,914km (03/15)
  • 777777 (03/14)
  • 僕らの時代 (03/12)
  • 湯田温泉 (03/10)
  • 2020-03 (12)2020-02 (12)2020-01 (8)2019-12 (15)2019-11 (9)2019-10 (11)2019-09 (5)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    03 | 2020/04 | 05
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>