FC2ブログ

57歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

36.0mm×24.0mm と 22.4mm×15.0mm Vol.3

フルサイズ導入の一番の目的ってのは、使ってみないとその要不要は判らんってのと、そもそもある意味の到達点というか、最良と言われているものがあって何故それを使わぬ?ってのがあって、やっぱりそこから目を逸らしてはいけない気がしたってこと。wwwww
まあ、簡単に言えば、自己顕示欲の一端として、そこに触れない訳にはいかなかったってところな訳だ。

それ以上でも以下でもないんだけど、実際の効能として一番期待したのは、ボケ具合だと思う。
そりゃ解像度って話しもあるのだろうが、正直ブログやインスタが主戦場となるとまあ関係ないわね。
そもそも本気で解像度と思うなら、FEVEON導入したほうがいいとも思う。まあ癖ありすぎかつ暗部にはとことん弱いと思うけど。

ってことで、ボケ具合の比較といきましょう。
一応、レンズは蒔絵レンズとして有名なF1.8 50mmね。
APS-Cの画角に合わせてトリミングはしてあるものの、F1.8絞り優先のJPEG撮って出し。


フルサイズ

s-201227-028.jpg



APS-C

s-201227-025.jpg

皆さん判ります?(^^ゞ
そりゃさ、こうやって並べたら、ある意味その違いを肯定する要素を見つけることが出来ないとは言わないが、正直並べないと判らんよね?
比較撮影の素材と条件が悪いのかもだけど、私は判りません。(^^ゞ

ちなみにフルサイズは1/50、ISO400、APS-Cは1/60、ISO640。
アルゴリズムの関係なのかシャッタースピードは逆転している。
まあ、今どきISO400と640の違いなんて判らんわな。

うーん。
どうもフルサイズの利点を見いだせない。
このままでは、所有欲を満たす、、、、これが一番の要素となりかねないわね。

ってことで、満を持して次回は解像度自体を比較してみようと思う。
でもって、結論ね。(^^ゞ
9300:
むむ、私も正直このサイズの写真では違いがわかりません...
けど、最良を知らずして多くを語るなかれという点はよくわかります。
そういう私はフルサイズに手を出せるときが来るのか?
新型コロナの騒ぎが収束して給料が元の水準に戻らないことには、検討も始まりません...
9301:比較は難しい
比較対象するものに長短があるのは仕方ないですね。
得意な分野で能力を発揮できるようにするしかありません。
なんだか人事管理に似ているような気持ちです。
こういう条件ならフルサイズ、そういう条件だとAPS-Cというような感じで比較して見せていただくとありがたいです。  ← かつてスピーカの比較に凝っていたオールド・オーディオ・ファンの感想です。
9302:
「APSーCで十分」という結論を期待しています(笑)。
とはいえオリンパスがあのような結果になった今、近い将来フォーサーズを諦める日が来ることを覚悟しています。となるとフルサイズか・・・ 続報楽しみです。(^^)/
9303:
違いはあんまりわからないけど、時々はっとする様な艶やかな写真が撮れる、がフルサイズだったと思います。最近、実家に帰った時位しか使わないのでよくわかんないですが。
音声入力が2系統増えてない?
9304:
>YAPさん
そうですよね。
問題は、今後一眼レフは基本フルサイズで展開される可能性が大きいということです。しかも、ミラーレス。
つまりは、フルサイズのミラーレス。ここに開発の重点が置かれそうなところではあります。
それが必要かどうかではありますが。(^^ゞ

>藤田さん
コメントありがとうございます。
もしかして、アンプの上にはウエイトの世代ですか?(^^ゞ

>ヴィーノさん
正直、パナとオリンパス、先行き不透明ですもんね。
多分、相当特殊なシチュエーション以外であったら、APS-Cで十分なんだと思います。
ただし、その十分ってのは、スマホで十分と同じ論理なんですよね。多分。
そして、もしかしたらどっかで、APS-Cだとどうしようもないシチュエーションというのも、突然現れる可能性もあるんだろうと思います。

>あるあるさん
星系写真だと相当な差が出るのかもと、予感しています。
それと、多分ぼけ具合というか、ぼけの質。
その辺りなんでしょうね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • デリーでカレーライス 【後半】 (06/14)
  • デリーでカレーライス 【前半】 (06/13)
  • ケララチキン 【後半】 (06/11)
  • ケララチキン 【前半】 (06/08)
  • 森林へ (06/05)
  • 渓谷へ (05/31)
  • 撒き餌の今昔、そして、、、、。 (05/28)
  • リペア (05/22)
  • 凪の夜 (05/17)
  • 島の鳥の今 (05/15)
  • 2021-06 (5)2021-05 (10)2021-04 (9)2021-03 (7)2021-02 (13)2021-01 (10)2020-12 (14)2020-11 (12)2020-10 (10)2020-09 (11)2020-08 (10)2020-07 (12)2020-06 (12)2020-05 (16)2020-04 (12)2020-03 (12)2020-02 (12)2020-01 (8)2019-12 (15)2019-11 (9)2019-10 (11)2019-09 (5)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    05 | 2021/06 | 07
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>