FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

赤と青の甲子園

先日フラッシュボウル全勝対決で立命館大学パンサーズを破り関西学院大学ファイターズが、一昨日の関東大学王座決定戦クラッシュボウルで法政大学トマホークスを日本大学フェニックスが破り、甲子園ボウル出場を決めた。

日本大学には心よりおめでとうと言いたい。ここに書くのもはばかるような辛酸をなめ、そこから這い上がってきたのだから。
アメリカンフットボールにおいて組織がずたずたになったものを立て直し再び強くなることが如何に大変か、一ファンとして良く判っているつもりである。だからこそ、立命館大学にしても実力ナンバーワンといわれて実際に優勝までにあれだけの期間が必要であったのだ。

s-2007a_koshien_2.jpg
(注:上記は、KG Fighters HPより→だもんで、赤と青が逆)
まず、断っておかなければならないのは、俺は関学のOBでもなんでもない。
しかし、相当な関学ファンである。
何故なら、彼らが日本で一番アメフトらしいアメフトを展開するから。
この件は後日に譲ろう。

歴史を紐解くと、前回の「赤と青の甲子園」は18年前まで遡る。
埜下ブーツレッグから何で自分で走らんかったの~!前がら空きやん!」事件以来なのである。
(注:俺が勝手に言っているだけです。)
その時は、45-14で惨敗。その前も惨敗続き。
当時の日大「ゴールデンドラゴンフライ」は、パスのショットガンの常識を覆し、ランでも猛威をふるっていた。
翌年は京大が日大に敗れているが、以降日大の長い低迷が始ることとなる。
つまり、関学としては、いや、関西勢としては日大に勝ち逃げを許している状態なのである。

リベンジの時、ここに来たり!!

何度か書いているが、俺は甲子園ボウルにおいて、ちーっとも接戦なんか期待していない。
期待するは、圧倒的な勝利である!

しかし、
日大復活の今年、甲子園球場は改装中で、会場は長居スタジアムというのはなんとも皮肉である。
出来れば、両校ともファーストジャージのリアル「赤青」での対戦を見たいものである。

次は、そろそろ京大でないかい?
118:
甲子園ボウルか、そんな季節なんだ。
そうか、日大か...。うーん、ちょっと複雑な気持ち。
120:
>きんちゃん
ということは、、、、。(笑)
ところで、こういった場合、母校でなくとも関東勢を応援したりするものなのでしょうか?

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 崩落 (09/12)
  • 9月になると (09/10)
  • 2019年のブレードランナー (09/09)
  • teamLab (08/28)
  • 磔磔 (08/26)
  • The Mcfaddin (08/24)
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 2019-09 (3)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    月別アーカイブ

    09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>