FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

Palace on Ganges, Assi Ghat

バラナシ周辺出身のスタッフに手配してもらったホテル。

新市街地には、タージ等の高級ホテルがあるものの、やはりここはガンガの夜明けが拝める川岸がいいというリクエストによる彼のお薦め。

どうやらこの周辺では出色に高級な様子。

ローカルスタッフのネゴ後の金額はRs.2,300(約4,600円)。

必要にして十分。

そして目の前にはガンガのアッシ・ゴートが広がる。

ゴートというのは、良くは判らないけど、沐浴場といったところか。数十のゴートがガンジスの左岸に連なる。

ここはその最上流に位置する。

夕暮れにようやく間に合ったといった到着時間となった。

2457:
外観も内装も素敵なホテルですね。
立地的にもガンガーを臨む最高の場所ですね。
2458:
値段の割には立派なホテルです。外装も新しいそうだし、内装も、腰壁とか絨毯がやはり大英帝国風
2459:
建物も内装も良いホテルじゃないですか。
おまけにガンジス河畔、と。
これは当たりでしたねえ、トリバンさん。
2460:
インドによくあるパターンですが、外界とホテルの中は別世界ですね!しかし、ここって、近所に火葬場があるけど、キャパ不足のため半焼けの遺体がプカプカ浮いているという場所じゃなかったでしたっけ?ほんまに水質良いんですか?
2461:
映画に出てきそうなホテルですねえ。
新聞読んでるおじさんが渋いなあ。
2462:
>YAPさん
実は一つ問題が、、、、。
窓がほぼ無くて。(-_-;)

>きんちゃん
やっぱ、英国風なんですね。
ヨーロッパ未踏のトリバンでした。

>ナツパパさん
周辺は基本安宿街で、ここはある意味特殊だと思います。

>KENNYさん
ま、基本ただの河です。少なくとも人の遺体は河の上では見かけませんでした。牛は膨らんでいましたが。(-_-;)

>burioさん
そうそう!渋いでしょ!正直狙ってました。
広角の成せる技ですね。多分おじさんは撮られている自覚はありません。(-_-;)

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • ワイディングの是非 (06/25)
  • 東に昇る者あり (06/22)
  • スパイスカレーの正体 (06/20)
  • VEGI HARB SAGA (06/17)
  • もう1つの選択 (06/15)
  • 2019 (06/12)
  • 棚に並ぶもの (06/10)
  • 密室のエトセトラ (06/08)
  • 2019-07 (1)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    06 | 2019/07 | 08
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>