FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

ナンの正体

去年から今年にかけて、日本でもインド料理に行く機会が結構あった。

こちらの好むと好まざるに関わらず、それはアテンドだったり、インド料理のエキスパート(?)としての半ばガイドだったり、、、、。(笑)

 

 

その経験以前、日本のインド料理店について、こう説明していた。

「南インドのそれとは全然違うけど、北インドのそれとほとんど一緒、大概インド人シェフがいるし、変わりはしないよ。」

 

しかし、それは全く的外れな説明だったのだ。

正直、ここまで違うという認識はなかった。

勿論、日本でも探せば本当にインド本場に近いものを提供しているレストランも当然あると思う。

ただ、都会にあるそういった特別なレストランを除けば、リピーター確保には、ある程度迎合、、、いや言葉を選ぼう。

日本人の口に合うようにアレンジせざるを得まい。

 

例えば、カレーの類は、辛い、辛くないの調整だけでなく、日本の嗜好に合わないスパイス類(ゴメンなさい、それを知らない)は加減してある。

ある意味、異様に食べやすく、癖がない。

日本のカレーと同じにしてしまっては、インドレストランの存在価値がない訳で、その辺のさじ加減が人気の秘訣なんだろうと容易に想像がつく。

 

日本のインド料理店は家族や友人には好評なのだが、俺には正直物足りない。

しかも、カレーの種類による味の違いが希薄。

 

そして、その典型が、ナン。

 

 

こんな調子で薄く、固い。

ちぎるにも力がいるし、場所によってはパリパリになってる。

 

それに対し、日本のナンは本当にふっくらしてる。

ここまでくると、全くの別物。

確かに、日本のナンは柔らかくて食べやすい。

何より、もちっとしている。

それをナンと思わなければそれはそれで確かに美味しい。

 

ただ、本場のナンは、やっぱり噛み応えというか、噛んだ後広がる味には深みがある。

例えると、食パンとフランスパンの違いに近いかもしれない。

俺には、断然後者だ。

 

非難してる訳じゃないよ。

逆に、渡った先でのアレンジって必須やと思うし、新しいものを生む可能性だってある。

でも、反対の立場で言えば、日本の寿司なんかも海外では相当アレンジされつつあるけど、海外のそれをもって、寿司を語って欲しくはないでしょ?

 

ってことで、何となく、日本にナンを本当のナンだと思って欲しくないわけだ。

俺って、親印派?(大笑)

4585:No title
そういえば、イギリスでインド人の作るインド料理をたくさん食べましたが、ナンはなかったです。
なので、私の知っているナンは日本でしか食べたことのないナン。
別物なのですね。
4586:No title
ビジュアル的には、「ガラスの器のカレー」に違和感を感じるけど。
私って、頭が固いのかしらん。
4587:トリバンさま
確かに 日本のナンはどれも柔らかいですね。
インドのナンを伺っていると 私もそちらの方が カレーには合うように思います。
好みにもよるかも知れませんが。
4589:No title
ふーん、そうなんだ。
モチモチのナンしか知らないので、カチカチのナンも食べてみたいですねえ。
インド料理屋に行って、もっと固いの出せ、と言ってみようかしら。
4591:No title
これってアリですよね。やっぱり現地の味わいは究極な訳で、寿司は東京で食べてもらう価値が今もある訳です!同じようにパンはフランスが美味しいし、スパゲッティはイタリアが際立っていると思います。
4592:No title
上海の休暇街のインド料理屋で食べてたナンもこんなやつだった。
とってもおいしかったよ。
焼いてるのもインドのおにいさんだったし。
4593:No title
ナン。そうだったんですね。

地元のインド人が経営しているインド料理店があります。カレーもナンも大変辛く、おいしく、そしてナンは非常にモチモチしていました。
「これが本場のナンか」と思っていたのに。
返信
4600:No title
>YAPさん
インドでも、ナンは決してマジョリティーではないですね~。
主流は、チャパティとかロティーです。

>ibatomoさん
いや、その違和感は正しいです。
こいつはデリバリーで、ビニール袋に入っていたものをオフィスボーイがオフィスにある食器に移してくれたものです。

>Beau Soirさん
面白いのですが、インドのカレーは長粒米でないと合わないんですねこれが、日本米だとなんだか。

>ナツパパさん
多分、発酵のレベルとか、小麦粉の種類とかそういった違いがあると思います。
逆に、日本ではナンに本来適した小麦がないかもしくは高価なのかも。

>hideyuki2007yさん
おお!その意見全面的に同意です。
確かに、そうですよね。あくまでも本場は本場!

>あるあるさん
日本のインドレストランにも大抵インド人シェフ居ますよね。
そうなると、根底にもっと根深い問題があるのでしょうか。

>YU_K-ONさん
そうなんですよ。
少し前まで私も気が付きませんでした。
やっぱアレンジしないと厳しいのでしょうか。
返信

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 耳に挿したなら (07/30)
  • 肩にかけたなら (07/28)
  • All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die. (07/25)
  • 反転攻勢 (07/04)
  • 安息のひととき (06/30)
  • ワイディングの是非 (06/25)
  • 2019-08 (4)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>