FC2ブログ

パターソン

さてと、遅ればせのトリバンムービーアワード、第2四半期。

対象は下記の24本。

 

ザ・ウォール、IT/イット、静かなる叫び、誰のせいでもない、キセキ-あの日のソビト、ラスト・フェイス、ベイビー・ドライバー、オブリビオン、海辺のリア、汚れたミルク あるセールスマンの告発、ちはやふる -繋ぐ-、散歩する侵略者、アウトレイジ最終章、バッド・ウェイブ、オレの獲物はビンラディン、アトミック・ブロンド、奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール、万引き家族、ゲット・アウト、ナラタージュ、マザー!、三度目の殺人、パターソン、三十年目の同窓会

 

今回は、正直佳作が少なかったのだが、

この中より、ジム・ジャー・ムッシュの「パターソン」。

これは文句なく。

 

 

加えて、ブロックバスター系から「アトミック・ブロンド」。

是枝監督の「万引き家族」はも。ただ、リアリティーより別のものを優先した感が、これが「誰も知らない」と対比したときにね。そもそも、類似性が高い故、その衝撃の初体験とそうでない場合の違いは大きい(と、思った。)

 

 

続きを読む

同居の是非

孤高の同居人、果たしてこのままでいいのか否か。

こればかりは聞いてみる訳にはいかないし、俺の孤独(?)を癒すことは出来ても、彼(彼女?)の孤独を満たすことは俺には出来てない。

せいぜい、餌をやり、時にその居室を掃除してやるのが関の山。

 

だから、ホームセンターに行く度に水槽群を眺めてはいたのだが、同一種を見かけることはなく、結果孤独を推奨する形となっていた。

しかし、この日何となく踏ん切りが付いて、体系の似たものをチョイス。

正直、生物的な近似性も、さらにはその相性も不明。

ただ、餌が同一のもので問題ない事だけ確認。

 

s-P1060322edited

 

殺風景な水槽に黄を差すものを3個体。

 

 

続きを読む

機能停止の査証

先日の直下地震に続き、豪雨による機能停止。

前日の夜遅くに告知したことによって、混乱を最小限にと胸を張る。

それなら、ついでに前日帰宅前のタイミングで発表できない?

そうであれば、必要に応じて会社近くに宿を確保する。

おかげで、滋賀県と京都府の府県境を越えることができず、山科までタクシー、京都地下鉄を乗り継ぎ、京都駅から新幹線で辿りついた。

てか、どうしても行かなくてはならない理由があって。

そもそも、そこまで仕事熱心ではない。

 

まあ、それはいいとして、

そもそも、運行停止する基準は?

連続で何㎜以上とか、時間何㎜以上とか。

どこそこの鉄橋で警戒水位を超えたとか。

確かに、その渦中にあって、そりゃそれなりの強度の雨が連続的に降り続いてはいた。

それでも、そりゃ停まるわ。仕方ないなという実感はゼロ。

この程度の雨で停まる?

というのが実感。

まあ、災害対策の見地からの発言ではない。

 

結局その日は早めの帰宅。

掲示版、はい!色塗り完了。

 

s-P1060272

 

 

続きを読む

ハイボールの由縁

夏、ハイボールの季節。

ビールと比較すると、それ自体が乾きを増幅させる要素が少ないような気がする。

と、

偉そうに書いたが、そもそも家飲みの機会は少ない。

 

そんな少ない機会にハイボールを選択。

一応、偉そうにハイボールはアイラと決めている。

現在はラフロイグの10年。

 

s-P1060112

 

 

ハイボールの由縁、この間の地震でショットグラスが割れたことと無縁でもない。

 

 

続きを読む

足場のグルスキー

出張帰り、高速バスを降車し、明石大橋の北詰を降りる。

いつもと違う景色に、上空を眺める。

 

s-P1060146

 

そこには、グルスキー的な情景が拡がっていた。

 

 

続きを読む

家路を急ぐ人々

明日の未明に備えて、つまりはその前に仮眠を摂るべく、早めの帰宅。

電車の中は、多分同じ穴の狢で埋まっている。

てか、現時点で午後8時を廻っているからそもそも、これが日常なのかもしれない。

 

望外の幸運。攻めた結果としてのドロー。そして、今までにない狡猾さを身につけた上での決勝トーナメント進出。

サッカーのルールやその背景、その正当性、是非、エンターテイメントとしての責務、夢を与える側の義務、教育としての規範。

まあ、この際、ええやん。

てか、

 

なんせ、4年に一度。いや、8年に一度の祭典は今正に佳境。

少なくとも、母国がそのただ中にあることを今はかみしめようではないか。

 

就職前までワールドカップなんて日本と無縁と思ってた。

遠い異国の地で開催される、強者どもの祭典。

ようやく、その扉を叩き、今やその常連。

 

そして、オランダ、イタリアは出場さえ叶わなかったロシア。

ポルトガルとスペインが死闘の末何とか勝ち取った決勝トーナメント進出。

アルゼンチンが首の皮1枚でたどり着いた進出。

あの、ドイツ、ポーランドが果たせなかった進出。

アフリカ勢は姿を消し、アジア勢の唯一の生き残り。

何よりも、予選の1勝であのネイマールが男泣きした予選。

 

その、アルゼンチンも、スペインも既にここを去っている。

 

ここで、砕けるも一興。ベスト8の扉をこじ開けるも一興。

未知の領域へと繋がる少し狭い扉がその障壁には備えられている。

いざ。

3/4と1インチ

LX100が入院中、リリーフとして持ち出したのは1世代前の常用コンデジであったRX100。

つまりは、常にカバンの中に携帯しているカメラ。

 

そのLX100が戻って来たので記念撮影。

 

s-449D8468

 

その大きさは、一回りひとまわり、いや二回り以上の違いがある。

久々に使ってみると、その大きさに加え重さは異次元。

それに加え、筐体だけでなくレンズの凸は強大。

故、ポケットに入る入らないの差は特に大きい。

 

それでもなぜにLX100なのか。

なぜ、RX100ではないのか。

 

 

続きを読む

土曜の昼のミールス

インド食堂タルカ。

京都は烏丸御池の南インド料理店。

最近のフェイバレット。

ただし、夜行くには会社からもしくは家から気軽に行ける距離ではないし、そもそも愚息の口には合わないだろうし。

そして、日曜日は定休日。

そうなると、向かうのは必然の土曜日のランチタイム。

 

s-P1060153

 

そうなると、いわゆる昼定食であるミールスとなる。

 

 

続きを読む

6.18の総括

結局、島本駅近くで電車内待機4時間の後、線路上に降ろされ、1時間程度の情報収集&昼食後、新幹線が動き始めたとの情報を得て、タクシーで京都駅へ向かい、そのまま広島に向かう。

 

s-P1060024

 

正直、電車走行中の揺れだったためそれを体感することもなく、社内でも空調が効いた状態で基本快適、降車後も比較的簡単に昼食を入手出来たし、その周辺は電車が泊まっている以外は日常そのもの。

つまりは、地震後の緊急事態を全く自覚することなく、そうはいってもそんなに苦労せずに広島泊。

どのみち、関西に留まっていても帰宅難民確定だったわけで、まあ運がよかったと思う。

 

でもって、その被害を実感するのは、2日後の帰宅後となった。

それもネットで。

 

s-アイラ

 

高槻の行きつけのバーの被災。

 

こちらは正にニュースで、新大阪駅のいつもの書店。

 

s-本屋

 

 

続きを読む

四半世紀後の広島

広島のホテルの部屋でのサッカー観戦。

それには暗い過去がある。

ドーハの悲劇を目撃したシチュエーション。

 

s-P1060027

 

四半世紀前の秋の話である。

しかし、間違いなくターニングポイントであった。

今や、ワールドカップに行くのは当たり前。

ここで扉を叩いたものの、そこを開けるのにあと4年の歳月を必要とすることになる。

俺たちがガキの頃は、そもそもワールドカップなんて日本には無縁だったし、その存在すら少なくとも意識することもなかった。

 

続きを読む

プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>