FC2ブログ

55歳のおやじが生活に埋没する訳でなく、いろいろこだわったり、チャレンジしたり、ただのおやじにならないようにじたばたする様を報告するブログ

耳に挿したなら

イヤフォンはこのところずっとSHURE。
この最近はそのBluetooth版。
ただし、それはケーブルで両耳を繋ぐタイプ。
つまりは、どうしてもそのケーブルの存在を気にしながら。

ケーブルタイプのイヤフォンに較べればその自由度は格段に大きいとはいえ、
やっぱりその存在は邪魔以外のなにものでもなく。

そのうち完全ワイヤレスタイプとはずっと思っていたのだが、
正直その存在感は日々大きく、、、、。

ただ、SHUREにそのラインナップがないだけでなく、ある意味その筋のメーカーに少なく、、、、。

そして、迎えたAmazon Prime Day。(^^ゞ

s-P1080136.jpg


続きを読む

肩にかけたなら

ずっと前から気になっていた製品。
そもそもがSONYのものがオリジナルで。
ところが、大人気で供給の目処が立たず、販売中止。
通販サイトではプレミア価格。

さすがに、エクストラを払ってまで買う性格ではなく。

その後、数個のフォローワーがそれを追いかけ、、、、、
その一つがこのJBL。

s-P1080124.jpg



これって、ロードスターを追いかけたZ3だとか、SLKの構図に似ているよね。

続きを読む

All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die.

ショックか?
と問われれば、多分そうではないと答えよう。
例えば、最近の動向を逐一追っかけていた訳でもなし、それほどの興味があった訳でもない。
ただただ、
記憶の1ページ、しかしそれは何十年かにわたって継続して心の片隅に常駐していたものだ。

ついこの間も、IMAXでの上映のニュースに一喜していたところ。
まさか、それに追悼という副題がつくことになろうとは、少なくとも想像してはいなかった。(副題がつくかどうかは知らないが。)




ただ、言えるのはこういった別れの覚悟が出来ているかといえば、出来ていない。
そういうことだ。
最近、我々が若い頃、第一線で活躍していたある意味、我々のヒーローが、TVで見かける度に明らかに老化している。
とみにそう感じるようになった。
まあ、考えてみれば、55歳のおっさん。
あたり前の話なんだけどね。
続きを読む

反転攻勢

最近、レノファ山口の記事を書いていない。
それは、低迷によるところが正直大きいんだけど。
ここに来て、現メンバーでの最適解が見えてきて、6月は負けなしで勝ち点を積み上げ、
上位のシッポがうっすらと視界の先に見え、中位の輪郭は明らかに捉える状況となってきた。

s-IMG-3542.jpg



新メンバーの融合、そして結局のところレノファらしさへの回帰ということなんだろうけど、その試行錯誤と上昇気流に想定以上に時間がかかったということだろう。
でも、それって昨シーズンの後期から続く下向流に続く滞留を、ようやく上向きとした感が確かにある。

続きを読む

安息のひととき

正直に言えば、
日常にストレスを感じていてその安息をどこかに求めるタイプではないと思う。
どちらかと言えば、新たなる刺激を求めているのかもしれない。
あくまでも自己分析で。

それでも、ここの狭く急な階段を登り(相当に急でその幅も狭い)、
中の様子をうかがいつつ(満席のことも多い故)、
その扉を開ける(正直踊り場が狭くというより無きに等しい)、
その瞬間、安息を期待している自分がいる。

s-P1080079.jpg
続きを読む

ワイディングの是非

例えば、スキーの数日間、海水浴を伴う旅行等々、
完全防水のオシアナスをはめるとき、その間自動巻きのそれはワイディングマシン上に。


Amazon最安値のそれは、2~3日の運用であれば問題なく運用出来ていたのだが、今回それが数日に渡ると、どうやら巻きが十分でないのか、Cal.7750系にその回転がマッチしていないのか、その鼓動は停まってしまうことが判明。

ということで、今回は安物買いのなにやらにならないよう、そのコメントにも留意した上で、それでも懲りずにAmazonにて。(笑)

s-P1080080.jpg


それでも十分安いのだが、プラスティック製のくせに重量もあって、随分と立派に。
ちと、成金趣味的なとことはまあ、目をつぶろう。(^^ゞ

加えて、自動巻き2個持ちとなってことでそのキャパも2倍とした。
続きを読む

東に昇る者あり

前述のように西のスパイスカレーの定義が混沌としているのに対し、東のそれは俺の知っている限り、もっと南インドのカレーのオリジンが色濃い。
だからなのか、西の雄たるゼロワンカレーが東に昇るらしい。
脱出?

s-20190426_032504194_iOS.jpg


南インドはケララ州にそのルーツを求めた上で、
その再現性とそこからのアレンジの妙。
続きを読む

スパイスカレーの正体

大阪において、スパイスカレーというカテゴリーが市民権を得つつある上で、今を盛りと増殖中。
ここ最近、機会がある度にチェックしてきた。

s-IMG_3417.jpg


基本は南インド風カレーにインスパイアされた上で、日本風にアレンジされたもの。
その日本風とする程度が各店によって異なり、正に南インドのミールス自体であったり、ルーツというかインスパイアはされているものの、大幅に日本風にアレンジされたものまで、その程度は正に千差万別。
今日のトレンドとしてのインスタ映えだとか、健康志向だとか、そういった要素も色濃かったりもする。

その増殖の過程と程度は、ラーメン隆盛の創生期と似た勢いがあるのだが、圧倒的な違いはそのリピート率だと思う。
果たしてどれだけのリピーターが生まれて行くのか?

ちなみに上の写真は日本風にアレンジされた典型例。
緑と黄色が配され、パパールが刺さる。
続きを読む

VEGI HARB SAGA

東京出張。
アポイントは午後からだったのでランチを東京でというアレンジ。
南インド料理もしくはミールスというキーワードでググってみる。
最近、これにスパイス料理だとかスパイスカレーなんてキーワードを加えると、少し前とはうって変わって、たくさんの店がヒットする。

逆にこうなると、どこに行けばいいんだか。(笑)
ちなみに、少し前まで東京でヒットするのって、4~5軒だったんだけどね。
大阪じゃゼロ、神戸で2~3軒、京都で1軒ってな有様で。

ありがたいんだけど、ようやく時代が俺に追いついた?(大笑)
てことで、今回は結構集中してた御徒町(まあ、アポの場所が近かったんだけど。)からの選択。

s-P1080063.jpg


こちらが、生野菜で一品お茶を濁している以外は、正当派ミールスで。
続きを読む

もう1つの選択

腕時計の、ゴールは既に手に入れている。
それは、当駄ブログにおいても公言しているはずである。
それは、2010年の秋のこと。
(ブログって備忘録として機能してるよね。)

でもって、
今回のこれについても、このこんなとこで既に公言している。
それは、2014年まで遡ることができる。
ただ、この想いは、随分前からあった。

s-P1080050.jpg


バウハウスへの憧景と共に。

続きを読む
  • 崩落 (09/12)
  • 9月になると (09/10)
  • 2019年のブレードランナー (09/09)
  • teamLab (08/28)
  • 磔磔 (08/26)
  • The Mcfaddin (08/24)
  • 紅の誘惑 (08/12)
  • 張り替え第3章 (08/08)
  • TRANSIT (08/04)
  • 家飲みの流儀 (08/02)
  • 2019-09 (3)2019-08 (7)2019-07 (4)2019-06 (9)2019-05 (15)2019-04 (7)2019-03 (11)2019-02 (6)2019-01 (8)2018-12 (12)2018-11 (8)2018-10 (7)2018-09 (6)2018-08 (8)2018-07 (13)2018-06 (6)2018-05 (11)2018-04 (10)2018-03 (11)2018-02 (11)2018-01 (7)2017-12 (16)2017-11 (11)2017-10 (10)2017-09 (10)2017-08 (16)2017-07 (8)2017-06 (11)2017-05 (11)2017-04 (12)2017-03 (8)2017-02 (9)2017-01 (10)2016-12 (10)2016-11 (12)2016-10 (11)2016-09 (6)2016-08 (7)2016-07 (7)2016-06 (18)2016-05 (17)2016-04 (13)2016-03 (18)2016-02 (9)2016-01 (6)2015-12 (9)2015-11 (3)2015-10 (12)2015-09 (8)2015-08 (6)2015-07 (6)2015-06 (7)2015-05 (11)2015-04 (5)2015-03 (10)2015-02 (8)2015-01 (9)2014-12 (13)2014-11 (12)2014-10 (12)2014-09 (17)2014-08 (10)2014-07 (13)2014-06 (11)2014-05 (17)2014-04 (11)2014-03 (16)2014-02 (20)2014-01 (18)2013-12 (26)2013-11 (16)2013-10 (16)2013-09 (13)2013-08 (22)2013-07 (20)2013-06 (15)2013-05 (15)2013-04 (16)2013-03 (29)2013-02 (14)2013-01 (13)2012-12 (15)2012-11 (15)2012-10 (17)2012-09 (16)2012-08 (12)2012-07 (11)2012-06 (15)2012-05 (14)2012-04 (12)2012-03 (17)2012-02 (14)2012-01 (20)2011-12 (24)2011-11 (31)2011-10 (28)2011-09 (13)2011-08 (11)2011-07 (12)2011-06 (14)2011-05 (12)2011-04 (18)2011-03 (26)2011-02 (17)2011-01 (22)2010-12 (22)2010-11 (19)2010-10 (23)2010-09 (23)2010-08 (18)2010-07 (26)2010-06 (29)2010-05 (30)2010-04 (20)2010-03 (13)2010-02 (20)2010-01 (18)2009-12 (17)2009-11 (23)2009-10 (25)2009-09 (18)2009-08 (29)2009-07 (21)2009-06 (25)2009-05 (27)2009-04 (19)2009-03 (25)2009-02 (20)2009-01 (28)2008-12 (23)2008-11 (23)2008-10 (25)2008-09 (11)2008-08 (19)2008-07 (16)2008-06 (15)2008-05 (29)2008-04 (26)2008-03 (12)2008-02 (28)2008-01 (13)2007-12 (16)2007-11 (18)2007-10 (7)2007-03 (6)2007-02 (8)2007-01 (5)
    プロフィール

    トリバン

    Author:トリバン
    一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

    FC2カウンター

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    月別アーカイブ

    09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    各種バーナー

      

      

    ムンバイの旅行情報
    ムンバイの旅行情報>