FC2ブログ

アートな秋 Vol.3

アートの定義をもう少し拡大すると。
てか、これこそ本屋でふと手にしたのがこちら。

s-P1070363.jpg



POPEYEのいわゆる別冊なのだが、若干(?)のジェネレーションギャップを危惧しながら。
なんせ、"Magazine for City Boys"としっかり書いてあるのだ。
そのくせ表紙はE.Tで、かつブレードランナーの特集があったり、City Boysって誰だ?そもそも、その言い方が古くないか?
もしかして、大滝詠一、きたろう、斎木しげるのことか?(笑)


てか、もしかしてそもそもが中年がターゲットなのか!?
きっとそうなんだ。


続きを読む

アートな秋 Vol.2

そんなこんなでアートに目覚めた(アートに興味がある自分ってば!と思っているということ)俺は、
この間観た「ジャコメティ最後の肖像」にも感化されちゃったりして。

 
 s-P1070360.jpg


主戦場は、ヤフオク&メルカリ。(^^ゞ

続きを読む

Queenということ

「ボヘミアン・ラプソティー」を観た。
予告編から楽しみにしていたし、YOUTUBEでそのニューバージョンが出る度にチェックをし、
久々(といっても2049以来)の観たいと思って心待ちにしていた映画。

s-P1070376.jpg


期待に違わない、いや期待通りの、既知の事象をかみしめる作業。
その時系列を自らの年齢にトレースし直す作業。
それは思いのほか昔で、俺の年齢は思ったよりも若い(幼い)ことに今さらながら気が付く。
そして、フレディーの死とその予兆も自分たちが知っているよりも随分と早いことを知る。
ゲイ、マイノリティーを取り囲む環境も、今とは隔世の感がある。
今のそれを築いた、いや、築きつつあることに、彼の功績は多大だったはず。
当時の俺は、私達は、若いとは云え、そういった事自体に無知であったのだ。


続きを読む

義務の履行と群雄割拠と自滅

少々の思い入れについてはお許し下さい。
そもそもの読者は毎年恒例故ご存じではあると思うが、どうか暖かい目で。m(__)m
そして、OBでも何でもないことに関してもご容赦下さい。m(__)m

まず、今シーズン、関西学院大学は義務を怠った。
立命館戦には無敗で臨む義務があると思っている。
無論、その相手が京大時代に遡っても、その前例はたくさんあり、そして多くのドラマを生んだ。

関西大学に対してドロー。
つまりは、仮に立命館大学に苦杯をなめれば、去年のように決定戦で勝てばいいやという状況でなく、関西大学と同率。
そして、その命運が抽選となる状況。
俺が知ってる限り、関西学院大学は出色に抽選に弱い。

ところが、前日の試合で、なんと関西大学が京都大学に苦杯を舐めることになる。
群雄割拠!?

s-キャプチャ

つまりは、上記の切迫した状況は霧散し、去年とほぼ同様な状況に。

続きを読む

望むものは、、、、、継続

長い長い、J2の2018年シーズンが今日幕を閉じた。
結果として22チーム中8位。
無論、目標はJ1昇格なのであるが、
現時点でそれは願望であり、夢であり、、、。
実際のところ、今の状態でJ1に昇格しても、正直どうなるのか想像もつかない。

              s-P1070371.jpg

サポーターの隅にも置けない発言で申し訳ない。

続きを読む

アートな秋 Vol.1

ここ最近、そうここ数年の傾向として、大型アート本に目が行くことが多い。

なんちゅうの?いわゆる書棚の肥やし。(笑)

55歳。もしかしたらそういうお年頃なのかもしれない。

無論、書斎を手に入れたというのが大きいのだろうが、

コーヒーいやウィスキーを片手にこれらの戦利品をペラペラめくる午後。

な~んて将来を夢想したりもする。

って、これってしたいことなのか?

多分違う。

理想的な黄昏時?

う~ン。

どやろ?

ってことで、最近気になったのがこちら。

(正確にはこちらのコンパクト版)

 

s-P1070356

続きを読む

蓼科2018秋 Vol.3

空がとっても碧いから、高いところを目指したくなる。

 

s-449D9348

 

その標高約2,300m。

 

 

続きを読む

蓼科2018秋 Vol.2

リゾート内は、正に秋の盛り。

 

s-IMG-3128

 

本日は、全てiPhoneでお送りします。

続きを読む

蓼科2018秋 Vol.1

週末は、蓼科へ。

土曜日、午後早い時間までぐずついていた空も、夕刻には晴天。

その夕刻の白樺湖。

 

s-449D9289

 

持ち出したのは、SIGMAの8-16mmと50-500mm。

その間はパンフォーカス覚悟のiPhoneで補完という大胆な戦略。

てかさ、3本もレンズ持っていっても交換そんなにせんだろうし、かといって一眼2本も持っていったらまるでカメラ小僧だし。

 

 

続きを読む

秋の証左、夏の名残

てか、もう秋やね。

10月って。

 

s-P1070215

 

早朝バス停に向かう道すがら。

バスの時間に少々余裕があれば、カメラを持ち出す。

まいどの田舎道。

 

 

続きを読む

プロフィール

トリバン

Author:トリバン
一年の大半は、発展途上国を右往左往しているエンジニア

FC2カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  03  02  01 
ブログ内検索
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

各種バーナー

  

  

ムンバイの旅行情報
ムンバイの旅行情報>